ユニフォームの作成依頼【気軽に申し込みの手続きができる】

自分だけのTシャツを作る

Tシャツ

自作か業者に頼むか

個性的なオリジナルTシャツを作る方法として、一から自作する方法と業者に依頼する方法があります。自分で作る場合にはステンシルやアイロンプリント、シルクスクリーンなどを使って、自分で考えたデザインをTシャツにプリントしていきます。その際はパソコンやプリンター、イラストやデザイン作成用のソフトがあった方が、デザインをパソコン上で作れて印刷ができるので、作業効率が早いでしょう。オリジナルTシャツを全て自分で作ることは、それだけ思い入れが強くなりますが、大量に作る場合や手間を抑えたい場合は、業者に頼むのがオススメです。大量に作るのならば、それだけ1枚あたりの単価を下げることができますし、デザイン用のソフトなどがなくてもTシャツのデザインができるので、手軽にオリジナルTシャツが作れます。

業者に依頼するメリット

イベントなどで大量のオリジナルTシャツが、早いうちに欲しい場合はTシャツ作成の業者に頼むのがいいでしょう。インターネットで調べると、その中でも特に作成が早い業者がランキングで分かります。業者に作成を依頼する場合は、パソコンなどで作ったデザインを送る必要がありますが、業者によってはサイト上のツールを使ってその場で作ることもできます。またその方が仕上がりが早いので、一度どういったデザインができるのか試してみるといいでしょう。専門の業者で作ったオリジナルTシャツは、業者によってはその業者のサイトでそのまま販売することができます。自分が着たいものを作って、それが自分の売上になる可能性があるので一石二鳥です。

Copyright© 2017 ユニフォームの作成依頼【気軽に申し込みの手続きができる】 All Rights Reserved.